履歴書に押す印鑑について

 

無料イラスト, ベクター, AI, 印鑑, 印章, 判子(ハンコ), 朱肉

 

履歴書への押印は必要なのか、押印するならどんな種類の印鑑が適しているのか…悩む人も多いのではないでしょうか。悩んでる方ぜひここで参考してください。

履歴書に印鑑って押す必要はある?

 

以前は多くの履歴書に印鑑を押すための欄があったのですが、1997年に政府によって、「押印する必要性がなく、押印を廃止しても差し支えない文書に関しては記名のみでOK」という趣旨の「押印見直しガイドライン」が制定されたことにより、押印欄のない履歴書が増えています。

現在市販されている履歴書には、押印欄がある履歴書と用意されていない履歴書の2種類があります。基本的には、どちらを使っても問題ありません。押印欄がある履歴書には必ず押印し、押印欄がない履歴書には押印しなくて良いということだけ覚えておきましょう。

 

どんな時に印鑑を押す必要があるのか?

 

押印欄のない履歴書を使用する場合には押印の必要はありません。ただし、応募要項で「履歴書に押印のこと」と応募先から指定がある場合もありますので、そういった記載がないか忘れずに確認しましょう。

 

はんこを押す場合の注意点

 

指定された場所に押してある

枠のなかに押してある

名前がよく見える

にじんでいない

 

印鑑欄のある履歴書に押印する場合、にじんでしまったり、かすれてしまったりということもあるかもしれません。

押印するのはその書類を書いた本人を確認する為なので、それが確認できる印影であれば、そこまで神経質になる必要はありません。

まとめ

以上でいかがでしょうか。履歴書の内容はもちろん、押印の丁寧さも採用担当者にチェックされていると考え、気を抜かないようにしましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 職務経歴書の書き方

  2. 志望動機を書き方のポイント

  3. 履歴書に必要な添え状の書き方

  4. 履歴書の学・職歴欄の書き方

  5. 履歴書封筒の書き方・郵送のマナー

  6. 履歴書に必要な写真を撮ろう