企業内転勤ビザ

この記事は就労ビザの一つである「企業内転勤」について説明します。ぜひ、参考してください。

「企業内転勤」ビザとは

企業内転勤ビザは、人事異動で外国から日本へ働きに来る外国人社員が対象です。

通常、転勤と言った場合には同一会社内の異動を指しますが、この在留資格の場合には以下の異動すべてが該当します。
①親会社・子会社間の異動
②本店(本社)・支店(支社)・営業所間の異動
③親会社・孫会社間の異動、及び子会社・孫会社間の異動
④子会社間の異動
⑤孫会社間の異動
⑥関連会社への異動
(ただし、この場合には親会社・関連会社、子会社・子会社の関連会社間のみに限定されます)

企業内転勤ビザを取得するための要件

企業内転勤ビザの在留期限は5年、3年、1年又は3月の4種類が規定されています。
企業内転勤ビザを取得するための要件としては申請人が次のいずれにも該当していることが必要です。

申請に係る転勤の直前に外国にある本店、支店その他の事業所において一年以上継続して在留資格「技術」又は「人文知識・国際業務」に該当する業務に従事していること

転勤先の事業所において在留資格「技術」又「人文知識・国際業務」に該当する活動を行うこと

日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること

他に、大卒の要件はありませんが、単純労働は認められません。日本での勤務が一定期間に限られていることが必要です。また、経営又は管理に従事する場合には、「経営管理ビザ」になります。

企業内転勤ビザは日本に本店、支店その他の事業所のある外国の事業所の職員が期間を定めて転勤してくるときの在留資格です。

まとめ

以上でいかがでしたでしょうか?この記事で「企業内転勤」の資格についてご理解いただけますと幸いです。

 

関連記事

  1. みなし再入国とは

  2. 牛筋煮込みカレーたべたい

    在留カードを失くしてしまったらどうする??

  3. 再入国許可とは?

  4. 外国人が転職(勤務先の変更)をした場合、必ず行わなくてはならない手続

  5. 就職活動特定活動ビザ

  6. 難民ビザとは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。