【男性版】面接の髪型ポイント

面接のように、限られた時間内で自分の魅力を伝えるには、第一印象を良くすることが重要です。面接官に良い第一印象を与えるには、服装だけでなく髪型にまで気を配ることが欠かせません。ここでは、就活に髪型ポイントを紹介します。ぜひ参考してください。

清潔感

どんなに自分好みの髪型にしても清潔感がなければ相手からの印象は悪くなってしまいます。男性において清潔感はとても大事で信頼関係に繋がることになります。清潔感と一言で言っても分かり難いと思いますが、髪の毛が整っておらず『ボサボサ』『パサパサ』『はね毛』『寝ぐせ』だったりすると清潔感があるとは言えません。髪質によっては清潔感を出すのが難しかったりしますが、もし、悩まれているのであれば行きつけの美容院の方に相談してみると良いアドバイスをもらえることがあります。

短髪の方が好印象

普段あまり気にかけることの少ないもみあげや襟足も、就活では短く整える必要があります。襟足でワイシャツのカラーが隠れていたり、襟足がスーツの襟元でハネているのは清潔感に欠けるため、相手にいい印象を与えません。また、長いもみあげも就活やビジネスシーンには不向き。耳たぶの上あたりの長さになるよう、短く整えるのがマナーです。

就活では自然な黒髪がベスト

髪を明るい色に染めていて、染め直す場合は、理容室・美容室で「地毛に近い自然な色にしてください」と伝えるとよいでしょう。なお、もともと明るめの色の場合、無理に真っ黒に染める必要はありません。

前髪は短め、おでこを隠さない

就活シーンにおけるヘアスタイルは、前髪や襟足の長さに注意を向けることが肝心です。前髪は眉毛よりもやや上までカットし、サイドはこめかみが隠れない長さに調整します。また、えり足はえりにかからない長さにすると、顔周りがパッと明るくなり、誠実な印象を与えやすくなります。

特に、前髪は重要なポイントです。前髪が長いと暗かったり、覇気がなかったりする印象を与えやすくなる可能性があります。前髪は眉毛よりも上の長さにすることで、表情がはっきりと相手に伝わり、採用担当者に好印象を与えやすくなるでしょう。

まとめ

面接では正しい身だしなみを理解して、社会や企業に適応出来るかどうかを見る審査でもあります。個性を出しすぎるよりも強調性を重んじることも必要ですし、面接官が感じる印象によって採用に関わることも考えられます。面接では印象を良くすることにこだわり、見た目の個性でアピールするよりも動機や熱意でアピールしましょう。

関連記事

  1. 【男性版】就活のネクタイ

  2. 【女性版】面接の時の服装の5ポイント!

  3. 【男性版】面接の時の服装の5ポイント

  4. 【女性版】面接に適したメーク

  5. 【女性版】面接のスーツ・シャツ・インナー

  6. 【女性版】面接で好印象を取る髪型

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。