【女性版】面接の時の服装の5ポイント!

面接するとき、第一印象はとても重要だと思います。能力はいくら高くても、第一印象が悪かったら、内定がもらえないはずです。今回面接官に好印象を与える服装の6ポイントをご紹介します。

1.      メイク・アクセサリ

メイクは自然に明るい肌色で、明るい印象を与えられる。特に乾燥でガサガサ肌はNG ので、注意が必要です。

アクセサリの場合、会社のルールによって違いますが、安心するため、腕時計以外にピアス、ネックレス、指輪をなしにしましょう。

香水は人によって好き嫌いのを分かれるので、できればつかないほうがいいでしょう。

2.髪の毛

一番いいのは黒髪

長い髪の場合、下したスタイルで、できれば前髪もまとめましょう。

3.服

グレー色や黒い色でもいいですが、ほとんど皆は黒い色に選びます。

面接の時、スーツのボータンをちゃんと閉めましょう。

スカートの長さのベストは立っているとき膝がちょうど隠れるぐらいになります。スカートがシワになりやすいので、注意してください。

4.靴

ヒールは35センチが適切とされています。黒いヒールは太目で安定感のあるものがおすすめです。スニーカー、ピンヒールやウェッジソールはファッションが高いためNGです。

5.ストッキング

ナチュラルストッキングがいいでしょう。

黒いストッキングは足を小さく見えるが、ビジネスシーンに不向きです。

まとめ

服装のマナーに関していかがでしょうか?印象は服装、髪型に左右されます。好印象を与えることはメリットしかありません。

ぜひ本ページを参考にちゃんと準備して面接に臨んでください。

 

 

 

 

関連記事

  1. 【男性版】面接の髪型ポイント

  2. 【女性版】面接に適したメーク

  3. 【女性版】面接のスーツ・シャツ・インナー

  4. 【男性版】面接の時の服装の5ポイント

  5. 【男性版】就活のネクタイ

  6. 【女性版】面接で好印象を取る髪型